ホームページ制作会社勤務の人の個人的なブログになっています。取り敢えず更新は頑張ります。

ホームページ制作会社のブログ

SEO

内部SEO対策の基本

更新日:

現在のSEOでは内部SEO対策が重視されており、この内部SEO対策では原稿ばかりが取り上げられています。

しかし、内部SEO対策において大切なのは、もちろん原稿も大切にはなりますが、しかしホームページの制作法も重要になっていて、これらを徹底していくことで御社のホームページは本当にSEOに強いホームページ制作になるのです。

そこで今回はこの内部SEO対策について弊社で考える対策法をご紹介いたします。

内部SEOに依存しない

内部SEOには依存してはいけない

まず、内部対策の基本的な考え方のご紹介ですが、内部SEO対策に依存するのは駄目です。

というのが現在SEO対策を行っている方は非常に多くいらっしゃりそれらの方たちはかなりツイッターで自分の対策法などを公開してなかなか上がらないと言っております。

これは弊社もそうなのですが、ホームページ制作会社である以上は内部SEO対策だけで上げたいと思うのが基本的な考え方になるのですが、しかしグーグルの公表にもあるように、ライバルサイトが被リンク対策を行っていれば、自分のホームページでも被リンク対策を行わなくては上げることが出来ないのです。

そのため、確かに内部SEO対策は大切になりますが、しかし内部SEO対策だけに依存をしてしまうと、絶対に上がらないと考えてもいいので、この内部SEO対策に依存しないようにしなくてはなりません。

クローラビリティ―の最適化

クローラビリティ―の最大化

まず内部SEO対策を考えるうえで大切なのが、クローラビリティーの最適化です。

このクローラビリティ―を最適化することができるコーダーは実はあまりいないと言っても過言ではなく、しっかりとこのクローラビリティーを高めたホームページを制作することで期待以上の成果を出せるようになります。

そしてこのクローラビリティ―を高めるためには、ホームページ化すなわちコーディングを行う方に対しての情報公開も大切になっていて、しっかりとこれらを行うことで御社のホームページは本当に成果を出せるようになります。

このクローラビリティーを追求することで、具体的にどのような効果があるかというと、ある程度SEO対策を行っているときに、実は作成したページをすぐにグーグルが認識してくれるようになります。

これは非常に大きなポイントになっていて、例えばページを作成したときに、そのページを作成したことをいつまでも気が付かないとなると、いつまでたっても検索順位が上がることがなかったり、そのページ自体が検索結果に引っかかることはないので、成果を出すためにはそれなりの時間が必要になってしまうのです。

これは大きな機会損失を生む可能性があるので、内部SEO対策の基本としてクローラビリティーを最大限高めていくことで期待以上の成果を得ることが可能になります。

原稿量も大切

もちろん原稿も大切

そして内部SEO対策の基本になりますが、原稿量も非常に大切になっています。

この原稿量については基本的には、多ければ多いほどいいというものではなく、それぞれのページに対して最適な原稿量を用意することが大切です。

この原稿量については、基本的には必要なページについては、原稿を大目に書くことが大切で、これはグーグルがこのコンテンツは文字数が多いだろうと考えるページの文字数を最適化していくことが大切です。

そしてこの文字数の考え方に則ってしっかりと記事を書いていただくことで、御社のホームページは飛躍的にその効果を高め、期待以上の成果を出せるようになります。

例えばここで単純に文字数が多ければいいと考えてしまうと、例えばトップページの文字数を増やしてしまい、そのページを例えばブログコンテンツだと認識されてしまいます。

もちろんブログであろうがトップページであろうが上位表示されれば、問題はないと思いますが、しかしここで認識がトップページでなくなってしまうと最悪のケースでは、社名検索を行ったときにトップページ以外が表示されるようになるのです。

そしてこれらを徹底していくことで、御社のホームページは飛躍的に内部SEO対策に強いホームページになり、検索エンジンから評価されるだけではなく、ユーザにとっても魅力的なホームページになるのです。

読みやすさ分かりやすさも大切

見やすくわかりやすいホームページ

そして内部SEOの基本として、ホームページの読みやすさ分かりやすさも意識しなくてはなりません。

ここでいう読みやすさや分かりやすさの意識というのは、そのホームページの文章というよりも、例えば表組みを行ったり、さらには、箇条書き、画像などを適切に配置することになります。

グーグルは現在確かに文章理解を深めようとはしているのですが、しかし文章の読みやすさや分かりやすさ、魅力はグーグルが判断するものではないのです。

ここまでが内部SEOの基本になっており、基本的に弊社で考えるには、一般的なホームページ制作を行うことと、そしてクローラビリティーを最大限高めることが大切であると考えており、これらを行うことで、しっかりとホームページ運営を行っていれば必ず成功することが可能です。

ただし、ここでいうホームページ運営には被リンク対策を含んでおります。

-SEO
-

Copyright© ホームページ制作会社のブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.