ホームページ制作会社勤務の人の個人的なブログになっています。取り敢えず更新は頑張ります。

ホームページ制作会社のブログ

ホームページ制作

お知らせコンテンツ制作の必要性

更新日:

お知らせコンテンツ制作は多くのホームページで提案するコンテンツになっております。

そしてこのお知らせコンテンツがあることで御社が打ち出したい情報をしっかりと打ち出すことが可能になり、本当にユーザにとって便利なホームページ制作となるのですが、最近ちょくちょくお知らせコンテンツは不要だと言われることがあるのです。

そしてこのお知らせコンテンツは、基本的には短い文章で休みのお知らせなどを公開するものになるのですが、どうしてホームページ制作会社はこれらのコンテンツを提案するのでしょうか。

そこで今回は、お知らせコンテンツ制作の必要性についてご紹介をいたします。

お知らせコンテンツとは

新着コンテンツとは

お知らせコンテンツとはどのようなものになるのでしょうか。

このお知らせコンテンツは弊社のホームぺージ制作実績でご紹介をさせていただくと、新着情報 | 航空株優★買取りターミナルになり、こちらは航空会社の株主優待券買取りサイトになっております。

そしてこちらのホームページにおいては実は新着情報以外にも、同じ形のスタッフブログがあり、わざわざ新着情報として別でコンテンツを制作したのです。

その理由としては基本的にはこちらはNA・JALの株主優待券の買取りサイトになるのですが、スタッフブログにはNA・JALの株主優待券の情報を公開しており、さらには1日1記事の投稿を行っているのです。

そのため、もしお知らせコンテンツを制作していないと大事なお知らせがどんどん投稿の後ろに移動していくので、ユーザが気が付かなくなってしまうのです。

そしてこれらを例えば年末年始休業などのお知らせにおいては、できればしっかりと見て頂きたいコンテンツになるので、しっかりと対策していくことで期待以上のホームページの効果となります。

このようにお知らせコンテンツを制作理由としてはブログと一緒だった場合は情報がどんどん後ろになってしまうこと、そして何もない場合は休みを打ち出すコンテンツがないという問題になるので、しっかりとこれらのコンテンツを制作していくことが重要になるのです。

しっかり運営すればSEO効果も

運営すればSEO効果

そしてこの新着情報においては実はしっかりと運営を行っていくことでSEO効果もあるのです。

そしてこのSEO効果という話をすると多くの会社さまでこれらのコンテンツを制作されることを強く希望されるのですが、しかしこのサイに大切になるのが、闇雲にホームページ運営を行ってはならないという点になるのです。

ここで闇雲に新着情報の更新を行ってしまうと、逆にSEOとしてマイナス評価を受ける可能性があるのでしっかりとこれらのコンテンツを運営していく必要があるのです。

そしてここで問題になるのが新着情報をしっかりと運営するとはどのようなものになっているのかです。

ここで重要になってくるのが、しっかりと運営するということをどのように理解することかということになっており、ここでいうしっかりとは単純に文字数を意識することではありません。

まずはユーザ目線に立った時には、そのページをユーザが見たときにしっかりとそのページの内容を分かりやすく理解できることが大切になっており、画像であったり表、箇条書きなどを使いながらしっかりとそのページの内容をユーザに告知していくことが重要です。

そしてもちろん、そのページの原稿については、しっかりとオリジナルテキストで記述していくことが重要になっており、これらをしっかりと行うことで御社のホームぺージ制作は飛躍的にその効果を高めるのです。

ここで重要になるのは基本としてはページ情報は原稿量ではないということになっており、これらをしっかりと理解して新着情報を更新していくことで本当に成果の出るホームページ制作となるのです。

細かく言うとURLの決め方に影響がある

URLの決め方に影響

そして本当に細かな話ですが、実はこの新着情報の詳細ページを作成する際には、URLの決め方も意識しなくてはなりません。

例えば、2020年と2021年のゴールデンウィーク休業について記載をしたとします。

このときに実はそれほど原稿もタイトルも変わりがないので、現在のグーグルで言う類似コンテンツに当たってしまうのですが、しかしURLをしっかりと定めていくことでそれらを回避できるとの情報がグーグルからありました。

それは例えば、goldenweek_2020などのアドレスになっており、当然2021年は、goldenweek_2021とすることで、グーグルはそれぞれのページを類似コンテンツとしてみなさずに、翌年の情報であるとみなしてくれるとのことです。

ただし、ここまで気にする必要はないと思われ、類似コンテンツと言っても丸々コピーはできないのである程度は異なる情報になるので、実は効果がマイナスもプラスもない状態にできるのです。

そしてこれらのURLを変えれば確かに違うコンテンツとしては見なしてくれるのですが、実際にはこれらのコンテンツでプラスというのは本当に微増なものになっているのでそれほど効果的なコンテンツとはならないのです。

そのため、これらをしっかりと理解したうえで対策を立て、もし必要であれば、しっかりとアドレスなども最適化することで御社のホームページ制作は本当に効果的なものになるのです。

-ホームページ制作
-

Copyright© ホームページ制作会社のブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.